ジオライン:モンベルの防寒インナー〜冬のウォーキングにも!

本エントリでは、私がここ1年愛用しているジオライン(モンベルの防寒インナー)について紹介したいと思います。冬のウォーキングにもピッタリなインナーです!

はじめに:防寒インナーと私

12月になって、寒さが厳しくなってきましたね~。 寒い冬をのりきるため、寒さ対策をいろいろとこうじなくてはいけません。

皆さんは、防寒インナー(ユニクロのヒートテックなど)を利用していますか?

私は、去年まではずっと防寒インナーを利用していませんでした。 一度試してみたのですが(ヒートテックの類似品)、どうも私には合わなくて。。。 というのも、私は結構な汗かき。多くの防寒インナーは、確かに暖かいのですが、汗をかくととても不快(汗が乾かいない、インナーが肌に張り付く)、そして、汗冷えしてしまうのです。

なので、ずっと暖かい防寒インナーの利用は避けていました。 しかし 去年、「モンベルのジオラインという防寒インナーが良い」という情報をネットで見かけて、 試してみたら、これがとっても良い!私にピッタリな防寒インナーでした! とっても暖かく、そして、汗をかいてしまっても不快じゃなく、すぐに乾くんです。

今年からはじめたウォーキングにもピッタリで、とっても重宝しています。

もうこれなしに寒い冬はこせないなっというくらいお世話になっているモンベルのジオラインについて、今回は紹介したいと思います。

ジオラインとは?

ジオラインとは、モンベルというブランドが販売している防寒インナーのシリーズです。 モンベルは、主に登山用品扱うブランドで、このジオラインも登山時の着用に適したインナーです。

素材ジオライン(R)

ジオラインは、 インナーのシリーズ名であると同時に、それに使われている素材の名称でもあるようです。 商品説明のサイトを見ると、「素材:ジオライン(R)(ポリエステル) 100%」となっています。 素材ジオライン(R)は、モンベルが独自に開発した特殊な素材で、以下のような特長を持つらしいです。

  • 吸水速乾性に優れいている。(⇒汗冷えしない)
  • 制菌効果を持つ。「防菌」でなくて「制菌」。銀イオンが菌を減少させるとのこと。
  • ストレッチ性に優れている。
  • 静電気が起きにくい。
  • 保温性が高い!

登山をはじめとした寒い場所での運動において着用するインナーに必要な要素をすべてをもっていいるんですね!

種類

ジオライン・シリーズからは、いろいろな商品がでています。 ざっと挙げると、

  • 半袖Tシャツ(男性用/女性用)
  • 長袖シャツ(ハイネック/ラウンドネック等、男性用・女性用)
  • タイツ(男性用/女性用)
  • ウエストウォーマー(腹巻き?)など

生地の厚さ(=暖かさ)にも以下の3つバリエーションがあります。

  • ライトウェイト(L.W.)
  • ミドルウェイト(M.W.)
  • エクスペディション(EXP.)

ライトウェイトは、寒い時期に大量に汗をかく激しいスポーツをするのに適したモデル。ミドルウェイトは、登山やウィンタースポーツに適したモデル。エクスペディションは、冬場の登山など極寒の地での使用を前提にしたモデルらしいです。

値段

  • 半袖シャツ:L.W. 約2500〜2600円 M.W. —      EXP. – 
  • 長袖シャツ:L.W. 約3000〜3600円 M.W.約4100~5000円 EXP.約5300〜5900円
  • タイツ:  L.W. 約2700〜2800円 M.W.約4000〜4200円 EXP.約5100〜5200円

結構、値は張りますね。 けど、後述するように、その価値は十分あるように思います!

ジオラインの効果・性能:使ってみての感想

一年間ジオライン(長袖のハイネックシャツ男性用 )使ってみての感想です。

高い防寒性:とにかく暖かい!

評判通り、とにかく暖かい。 以前にちょっとだけ使ったことのあるヒートテックの類似品よりも暖かく感じます。高いだけの事はある! 身体を動かすときは真冬でも、ジオライン+アウターの計2枚で十分です。 重ね着しないでいいので、とっても身軽! なので、後述するように冬のウォーキングにもピッタリです。

高い速乾性:汗冷えしない!

ビックリするくらい直ぐに汗が乾きます! なので、身体を動かして汗をかいてしまっても、不快でないでいし、 汗冷えもほどんどしません。

洗濯後も、あっという間に乾きます。 脱水が終わった時点で、5割方乾いちゃっているんですよね。 それくらい高い速乾性がこのジオラインにはあるようです。

着心地がよく、静電気も起きない

上の2つの性能を目当てに購入したのですが、 それ以外にもいいところがあります。

まず、着心地がいいです。 ヒートテックの類似商品と違い、運動を想定して作られており、 ストレッチ性が高いため、身体の動きにあわせて伸縮してくれます。 肌触りもヒートテックの類似商品よりもいいです(私の好みです)。

あと、化学繊維なのにも関わらず、 静電気が起きないというのもいいところだと思います。

毎回洗濯しなくてもいい

このジオラインの唯一の欠点は、高価であることだと思います。 何着も購入するのが難しい(お財布が痛い)です。 なので最初は、毎日、普段着として利用はできないかなあと思っていたんですが。。。

このジオラインは、毎日洗濯しなくても大丈夫です! 何日も着替えることができない登山で使用されることを想定されているため、 2、3日は洗濯しないでも、全然不快じゃないんです (普通のインナーって、前日着たものをもう一度着ると、なんか気持ち悪いですよね~)。臭いもしていないっぽいです(自分では完全には分かりませんが)。

なので、1着だけ購入して、毎日着用することも可能です!

注意: 上で書いたことは、あくまで私個人の感想です。 ネットでいろいろ調べ、そして、自分で大枚はたいて買ったため、 かなりプラシーボ的な思い込みも含まれているかもですw それでも、よい感じられているのだからいいのかな〜)

スポンサードリング

冬のウォーキングにもオススメ!

冬のウォーキングは、寒くてちょっと辛いですよね。 かといって、セーター等を何枚も重ね着+コートなんて恰好では、 体が重い・動きずらい。そんな恰好では楽しくウォーキングできないですよね~。

ランニングほど体も暖まらないから薄着もできないけど、厚着をしてウォーキングをすると坂道なんかで汗をかいてしまう。。。冬場のウォーキングの服装って悩ましいですよね。

私は、ジオラインが冬のウォーキングにピッタリだと思います! ジオライン+その日の寒さにあったアウター(パーカーやウインドブレーカー的なもので十分)だけで、全然寒くないですし、 汗をかいてもまったく不快じゃありません。

最近はいつもジオラインを身に着けてウォーキングしています! とっても快適ですよ。 2枚だけしか着なので、体も軽く、軽やかにウォーキングできています。 皆さんにもおススメです!

日常的にも使える!

登山やウォーキングに使えるジオラインですが、 日常的に着用するのもアリです! (というか、大枚はたいてジオラインを買うなら、 普段使いもしないともったいない?)

普段着として利用するならば、安いヒートテックやその類似品でもいいのかもしれませんが、

  • 電車等などに乗って汗をかいてしまっても不快でない(すぐ乾く)。自転車を利用する人にもあってそう。
  • 登山等の運動することを想定して作られているので、着心地がよい。
  • 高いだけあって、より暖かい?

等のメリットもあるので、日常的に利用するのもかなり良いと思います。 私の場合は、これらのメリットがあるため、日常的に使うためジオラインを選びました!(買った当初はウォーキングをまだはじめていなかった)

ジオラインの洗濯

ジオラインの洗濯について、いくつか注意点があります。

初回の洗濯:色移り

これについては、ジオラインを買うと注意喚起の紙がついてくるのですが、 初回洗濯時、色移りの危険性があります。 なので、最初に洗濯する際は、ジオラインだけを洗濯機にいれて洗濯するか、 ジオラインをお湯と洗剤を入れてた桶で手洗いをしてから、(他の洗濯物と)洗濯しましょう。

私の場合は、初回、桶で手洗いしたのですが、お湯が真っ黒になりました。

ジオラインは柔軟剤を入れて洗濯してはいけない

特殊な加工をした繊維を使っているため、ジオラインは柔軟剤を入れて洗濯してはいけないそうです。柔軟剤を入れてしまうと、加工された繊維が柔軟剤の成分でコーティング?されてしまい、ジオライン本来がもっている性能が失われてしまうそうです。

間違って、柔軟剤を入れて洗濯してしまっても、何度か普通に洗濯するば、元にもどるそうですが、注意したいですね~

ジオラインの耐久性は低い?

私の利用法・洗濯の仕方では、1年使っても、 毛玉ができたり、ほつれたりするようなことは今のところありませんが、 ネットの口コミ情報などでは、 「毛玉ができやすい」等のコメント・書き込みを見かけます。

なので、ウチでは一応、洗濯ネットにいれて洗濯するようにしています。 値の張るインナーなので、できるだけ長持ちさせたい!

乾燥機は使わないほうがいい?

上の理由で、ウチではジオラインは乾燥機で乾燥させないようにしています。 (公式ページでは、「乾燥機は低温でお願いします。」と書かれています。)

まあ、アッという間に乾くので、乾燥機なんて必要ないのですが。

メリノウールとジオライン

去年、モンベルの店舗にジオラインを買いに行って、 ちょって迷ったのが、メリノウールという別シリーズとの関係についてです。 このメリノウールも暖かさを売りにした防寒インナーで、大体、どこのモンベルの店舗もジオラインと並んで売っています。

お店の商品棚に書いてある説明を読んでもしっくり来なかったので、 違いを店員さんに聞いてみたのですが、

  • 汗をかく際に着用するのがジオライン(山を登っている時に着用)
  • 汗をかかないときに着用するのがメリノウール(雪山でテントを張って寝るときに着用)

ということだそうです。 (ほんとは使っている繊維の特性などを詳しく説明してもらったのですが、失念してしまいました)

私の場合は、登山で使う予定はありませんでしたが、汗をかいても不快じゃない(& 汗冷えしない)インナーを探していたので、ジオラインを購入しました(ハイネックの長袖シャツ)。

汗をあまりかかず、とにかく暖かさを追求するのであればメリノウールでもいいのかもしれませんね。

下半身であれば上半身と違い汗をかいてしまうことも少ないので、私の利用の仕方なら、タイツはメリノウールの方がいいのかなとも最近思っています。 メリノウールのタイツを購入してみようか現在検討中。 購入したら、このブログでまたレポートしますね!

まとめ

今回は、モンベルの防寒インナー:ジオラインについて紹介しました。 冬場のウォーキングにピッタリで、ウチではこの冬も大活躍しています。 皆さんにもおススメです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク