足の裏(踵)が痛い!足底筋膜炎の原因と対策

ashinoura

5ヶ月くらい前のことです。

足の裏の踵(特に踵の上部らへん)に強い痛みが!

なぜだか、朝の方が痛い気がする。 どこかにぶつけたりした訳ではないのになんだろう? 変な病気の前兆だったらどうしよう? なんて思って、いろいろ調べてみました。

調べた結果、「足底筋膜炎」だという結論に達しました。 私の症状が足底筋膜炎のそれとピッタリ一致し、 その原因もいろいろ思いあたったので。

足底筋膜炎とは

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)とは、 足の親指の付け根と踵を繋ぐように存在する筋に、 炎症が起きる病気のこと。 朝の方が痛みが強い傾向があり、 主に、スポーツをしている人、中高年の人がかかる。

詳しくは、足底筋膜炎 – Wikipedia を。

踵の骨のあたりが痛んでいたので、 まさか筋の炎症だとは思わなかったです。 けど、言われてみれば、確かに痛みがあるのは足裏の筋の付け根の部分。

骨に異常があるなど、厄介で大きな病気ではないようなので、ちょっと安心。

原因

私の場合、原因は以下の2つが重なったことだと思います。

  1. このところ、立ち仕事が多かった。
  2. 趣味のウォーキングを本格化した(一日で4万歩とか歩くようになった)。

もともと歩き方が悪かった(+靴が良くなかった)のもあると思うのですが、 このタイミングで足底筋膜炎になったのは、上の2つが原因といえそうです。

対策

足底筋膜炎を治すため、私はとりあえず以下を試してみました。

  • サイズがキチンとあっているウォーキング用の靴(クッションのしっかりあるもの)を常用する。
  • 革靴を履かなきゃいけないときは、足の負担を軽減してくれる中敷きを利用する。

歩き方

  • 綺麗な姿勢であるくように心がけてみました。
      (少し猫背気味で、踵を若干歩く癖があるので、そうならないように気をつけました)
  • ウォーキングで歩く量を少しセーブしてみた。

マッサージ

  • 足の親指を上の方に伸ばす、というストレッチを寝る前に。

以上を続けていたら、 1〜2ヶ月で痛みはなくなりました! 早めに対策をしたのが、よかったのかな?

よかった。よかった。 今後は、気をつけてウォーキングをしようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク